News to The Future
最近の投稿
  • HOME »
  • 最近の投稿 »
  • t水産・海洋・森林情報 »
  • 国際捕鯨委員会から日本が脱退を示唆 商業捕鯨巡る提案が否決<AFPBB News>2018年9月15日 6時22分

国際捕鯨委員会から日本が脱退を示唆 商業捕鯨巡る提案が否決<AFPBB News>2018年9月15日 6時22分

ざっくり言うと

  • 国際捕鯨委員会で日本は、商業捕鯨再開を目指す提案をするも否決された
  • 谷合正明農林水産副大臣は採決の結果に遺憾の意を表明
  • 商業捕鯨再開に進展がない場合、同委員会から日本が脱退することを示唆した

【AFP=時事】ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会で14日、商業捕鯨再開を目指す日本の提案が否決された。加盟89か国のうち賛成は27、反対は41だった。採決は緊迫した雰囲気のなかで行われ、加盟国間で深まる亀裂が浮き彫りになった。

日本の谷合正明(Masaaki Taniai)農林水産副大臣は採決の結果に遺憾の意を表明。「科学的証拠や多様性が尊重されない場合や、商業捕鯨が完全に否定される場合、日本はIWC加盟国としての立場を根本的に再検討することを迫られる」と述べ、商業捕鯨再開に向けた進展が見られなければ日本が同委員会から脱退する可能性があることを示唆した。

採決で反対票を投じたのはオーストラリアや欧州連合(EU)加盟各国、米国をはじめとする反捕鯨国。一方、日本のほかに賛成票を投じたのは、太平洋とカリブ海の島しょ諸国、中米のニカラグア、アフリカのモロッコ、ケニア、タンザニアや、アジアのラオス、カンボジアなどだった。また韓国やロシアは棄権した。
【翻訳編集】AFPBB News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

検索

最近の投稿

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ニュースで未来を読む All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.